マリエンのはじまりは、1858年にバイエルン州の小さな町、プリーンに開業した薬局でした。創業当時から、薬局では主に植物を原料とした自然薬を扱っていました。
marien-pharmacist-Hannerolle

アイテムの開発

1961年以降は、共に薬剤師で兄妹でもあったフリッツ ・ロイター博士と、母乳育児ブレンド(ハーブティー)の開発者、ハンネローレ ・ワーケンティン(旧姓ロイター)の2人が、1858年の創業から培われてきたレシピを伝承しながら、自然療法のためのアイテムの開発を続けてきました。

日本へ

2000年には日本への個人輸入も始まりました。
ワーケンティン家に嫁いだ日本人女性が(当ショップ代表:中島ワーケンティン理恵)、自身の出産・育児の中で、義母ハンネローレの薦めで経験した母乳育児ブレンドの魅力を、日本の友人たちに紹介したことがきっかけでした。
ハーブティーからナチュラルコスメまで60を超える製品を、これまで約17万人の日本のお客様へお届けしてきています。

新たなる時代へ

2020年、マリエン薬局は「マリエン」と名称を新たにし、2022年からは日本国内でお買い物いただけるシステムへと移行しました。

伝統に裏打ちされた知恵、紡ぎ出される確かな品質を、これからもマリエンは時代にあった方法で世界中にお届けします。