花冷えに気をつけて!温かい飲み物を持って花見に行こう

桜が開花し、花見が楽しみな季節。

新型コロナウィルスの影響で、友達と集まって桜の下でお酒や食事を楽しむことは、まだまだ難しいですね。

それでも、家族と桜の下を散策したり、お茶やおやつを持って、満開の桜を眺めるくらいはできるかもしれません。
cherry blossom sakura

桜の季節は急な寒さが戻ってくる

桜が咲く季節とはいえ、暖かい日が続いたあとに急な寒さが戻り、「花冷え」になることがあります。

ビールを一杯と言いたいところですが、4月とはいえ油断せず、花見の時は暖かい飲み物を持っていきましょう。

この季節には、桜をイメージさせるピンク色のハーブが配合の「冷えシーズンブレンド」がおすすめ。
winterwarmer-tea
ピンクの花びらはローゼフラワー(薔薇の花びら)、赤い果実はローズヒップやピンクペッパー。

お湯を注ぐと、鮮やかなワインレッドの温かな色のお茶になります。
winterwarmer-tea
甘酸っぱさが特徴の「冷えシーズンブレンド」は、甘いお菓子にも合います。
cookies


水筒に「冷えシーズンブレンド」をいれて、ご近所の桜を眺めながらのティータイ ムに出かけてみませんか?
water  bottle
外出すると、グズグズ、ムズムズを感じる春には、ミントのすっきりしたテイストの「ネトルブレンド」での水分補給もどうぞ。