環境にもあなたの肌にも優しいミネラルUVスキンケア

EUナチュラルコスメのガイドラインを順守

欧州連合(EU)のナチュラルコスメのガイドラインでは、日焼け止めの紫外線散乱剤に、ミネラル(鉱物)原料のみの使用が認められています。

ミネラル原料の場合は、塗ったらすぐにSPF作用を発揮し、肌に優しいことで知らせています。

マリエンのミネラルUVスキンケアにも、酸化亜鉛のミネラル粒子(ナノ不使用)のみ使用しています。

ミネラルが、沢山の小さな鏡のように紫外線を反射してあなたの肌を守るので、メイク下地、基礎化粧品の後の仕上げとして、直接肌に塗ることが大切です。

なぜ酸化亜鉛のミネラル粒子を使うの?

ヨーロッパだけでなく、世界的に日焼け止めに使用される化粧品成分に関心が集まっています。

アメリカでも、2021年1月1日(金)ハワイ州では、海洋環境保護のため、紫外線吸収剤のオキシベンゾンとオクチノキセートなどの化学物質が含まれている日焼け止めの販売を禁じる法律を施行しています。

米国食品医薬品局(FDA)※が安全で効果があると認証しているのは、酸化亜鉛(ジンクオキサイド)や二酸化チタン(タイタニアムダイオキサイド)を含むミネラル性の日焼け止めです。

マリエンでも、UVA対策にも優れ、お子さまの使用により適していて、海洋生物や環境にも負荷を与えない、ナノフリーの酸化亜鉛を採用しています。

※米国食品医薬品局(FDA)の見解
https://www.fda.gov/media/124654/download
https://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/other/naibunpi/2018.May.pdf

ナノフリーなのはなぜ?

ナノ粒子の有害の可能性については、いまだ評価が定まっていません。マリエンでは、お客様に安全をお届けしたいので、評価が定まっていないナノ粒子の原料の使用を避けています。

マリエンのUVスキンケアミルクを塗った時に、少し白く感じられるのは、ナノフリーの酸化亜鉛を使っているためです。
クリームを手のひらで温めてから塗ると、伸びがよくなり、肌により馴染みやすく、白っぽさも目立たなくなります。

毎日のUV対策、化粧下地に

肌なじみのよさ、そして敏感肌に考慮した天然原料を惜しみなく配合したマリエンのミネラルUVスキンケアは、自信をもってお届けできる品質です。

夏だけでなく、毎日降り注ぐ紫外線対策として、ノンケミカルな化粧下地として楽しんでくださいね。


ミネラルUVスキンケア SPF30<日焼け止めクリーム>
<販売名>マリエンUVSCミルク

全成分
水、酸化亜鉛、ホホバ種子油*、オレイン酸ソルビタン、ポリリシノレイン酸ポリグリセリル-3、エタノール、ガラクトアラビナン、アンズ核油*、カカオ脂*、グリセリン、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、トコフェロール、ヒマワリ種子油、カプリル酸グリセリル、アロエベラ葉汁*、マグノリアオフィシナリス樹皮エキス、香料
配合天然由来精油(香料)
ラベンダー油、ビターオレンジ花油、インドレモングラス油、ベチベル根油

[*オーガニック原料]

精油に含まれるアレルゲン成分
リモネン、リナロール、ゲラニオール、シトラール

ブレンド天然純正精油
ラベンダー、ビターオレンジ(ネロリ)、 レモングラス、ベチパー

※成分は変更となる場合があります。

色と香り
自然にトーンアップしてくれる、白浮きしない白色クリーム。清涼感のある爽やかな香り

 


◆一緒に読まれている記事
「健康のため水を飲もう」いつもより2杯多く、夏は水出しハーブティーで

咳払いもうっかりできないマスク生活、ハーブドロップでのどを潤しましょう

スキンケア感覚で紫外線から肌を守るミネラルUVスキンケア